リョウシンJV錠の概要と特徴

 

 

リョウシンJV錠で関節痛・神経痛は治る?

 

リョウシンJV錠はひざ・腰・肩などの関節痛、神経痛の緩和に飲んで効く第3類医薬品です。

 

若いころはなんてことのなかったちょっとした動作、立ち上がるとき、正座をするとき、荷物を持ち上げるときなどに、突然の激痛に悩むこともあるのではないでしょうか。

 

ひざに痛みを抱える人はとても多く、65歳以上の日本人の3人に1人、およそ1800万人が悩んでいます。

 

ひざには平たんな場所を歩くだけでも身体の2〜3倍の重量がかかります。

 

加齢や体重増加、筋力低下、血行不良、新陳代謝の悪化など、さまざまな原因によって骨と骨の間にある関節軟骨が擦り減り、骨同士がぶつかり合ってしまいます。

 

すると炎症を起こして痛みとなったり、固くなった筋肉が神経を圧迫することによって痛みがあらわれます。

 

加齢だから仕方ないと、あきらめていると症状はどんどん悪化してしまうもの。

 

リョウシンJV錠を毎日飲むことで痛みの緩和に効果があります。

 

リョウシンJV錠は関節痛や神経痛に悩む、「両親世代」にいつまでも健康的な毎日を過ごしてもらいたいという願いをこめて富山常備薬グループによって開発された薬です。

 

「飲み忘れがないように1日に飲む回数をなるべく少なくしてほしい」「飲みやすい形状にしてほしい」「続けやすい価格にしてほしい」という声になるべく答える形で開発されました。

 

 

もちろん高齢の方だけでなく、スポーツなどでひざを痛めている人、妊娠中に関節痛になり産後にかけて酷くなってしまった人、長時間パソコン作業をしている人、つらい肩こりがあり疲れがなかなか取れない人なども効果を実感されています。

 

鎮痛剤を使い続けても痛みが治まらない方や、サプリメントやマッサージなどでも効果が実感できないという方にお勧めです。

 

第3種医薬品なので、成分量は身体に影響が穏やかな範囲で安心でき、しっかりと効果を感じることができるでしょう。

 

 

効果効能、配合成分、用法用量、副作用

効果効能

リョウシンJV錠で関節痛・神経痛は治る?

 

リョウシンJV錠は、筋肉痛、関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ、眼精疲労など、神経や関節に関する痛みやしびれに効果があります。

 

また、肉体疲労時、病中・病後の体力低下、妊娠・授乳期のビタミンB1・B6・B12の補給としても使用できます。

 

配合成分

リョウシンJV錠で関節痛・神経痛は治る?

 

リョウシンJV錠には6種類の有効成分が配合されています。

 

第3類医薬品の認証基準の最大量が配合されている成分が4種類あり、痛みの緩和に効果を実感することができます。

 

 

痛みの緩和に作用する成分

 

シアノコバラミン(※認証基準最大量配合)

 

 ビタミンB12の一種で、赤血球の生成に関与することから「造血のビタミン」として知られています。末梢神経の構成成分であるタンパク質やリン脂質などの生成を助け、傷ついた末梢神経の修復にも関与するため、神経痛を和らげる作用も注目されています。

 

ピリドキシン塩酸塩(※認証基準最大量配合)

 

 ピリドキシン塩酸塩は体内でビタミンB6の補酵素型となり、ビタミンB6欠乏症、代謝障害による諸症状を改善する働きがあります。タンパク質や脂質の代謝を促進し皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。

 

ガンマ‐オリザノール (※認証基準最大量配合)

 米ぬかに含まれている成分で自律神経のバランスを整える働きがあります。肩こりや腰痛、眼精疲労などの改善に効果があり、更年期障害や自律神経失調症の改善にも効果があります。他にもメラニン生成の抑制、コレステロールを低下させる働きなど化粧品やさまざまな薬品に使用されています。

 

栄養を補給する成分

フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)(※認証基準最大量配合)

フルスルチアミンは、脚気等のビタミンB1欠乏症の治療のために開発されたビタミンB1を吸収しやすくする成分です。ビタミンB1は糖質、脂質、タンパク質とともに摂取することで体の疲れを解消するために働きます。食品から接種するビタミンB1には壊れやすく体に吸収されにくい性質があるため、フルスルチアミンを取ることで疲れやすさを解消します。

 

パントテン酸カルシウム

パントテン酸は卵やレバーなどに多く含まれるビタミンB5で、糖分や脂質、タンパク質などの代謝に関わり皮膚を正常に保つ働きがあります。

 

血流を促進する成分

トコフェロールコハク酸エステルカルシウム

コハク酸エステルカルシウムはビタミンEの一種で、毛細血管を拡げて血流を促進し体の隅々まで栄養や酸素を届けるサポートをしてくれる成分です。様々な部位の痛みやしびれを効果的にケアすることができます。つらい神経痛や肩こり、腰痛などの痛みや痺れで悩む人に必要な、血流改善、血流の滞りによる痛みの緩和に効果的な成分です。

 

リョウシンJV錠の用法用量

次の用量を服用してください。

 

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上) 2錠〜3錠

1回

11歳以上15歳未満 1錠〜2錠
11歳未満

服用しないでください

 

 

食前でも食後でもお好きなタイミングで飲むことができます。

 

錠剤の鮮やかな黄色は着色料ではなく、成分のひとつであるビタミンB2を使用しています。糖衣錠なので飲みやすく、大きさや形も飲みやすいよう工夫されています。

 

リョウシンJV錠の注意事項

 

リョウシンJV錠は身体の中からじっくり作用する薬なので少なくとも1か月程度飲み続ける必要があります。

 

効果のあらわれ方は、症状や服用する人の体質・体の状態により異なります。

 

痛みの原因によっては効果が期待できない場合もあるので、1か月ぐらい服用しても症状が良くならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師、または登録販売者にご相談ください

 

健康食品やサプリメントとの併用は基本的には可能ですが、成分が重なることもあるため心配な場合は、医師、薬剤師、または登録販売者にご相談することをお勧めします。

 

また、薬との併用にあたっては、医師、薬剤師、または登録販売者にご相談ください。

 

 

 

症状について

リョウシンJV錠は坐骨神経痛や、椎間板ヘルニアの効果は認められていません。

 

アレルギー成分について

体調や体質によって反応が現れる場合があります。

 

アレルギー体質の方は、服用前に主治医にご相談ください。

 

副作用

すべての医薬品には副作用があります。

 

万一副作用と思われる反応があった場合は重篤になることを防ぐために使用を中止してください。

 

副作用としては、吐き気、嘔吐、胃部不快感などが現れる可能性があります。

 

保管について

外箱に記載されている使用期限は未開封で適切な条件で保管されていた場合の使用期限です。

 

開封後は、6か月を目安に使用してください。

 

開封後は直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに保管してください。

 

リョウシンJV錠の購入方法、キャンペーン、特典

購入方法、価格

テレビCMや折り込みチラシなどで名前を聞いたことがあるという方も多いかもしれませんが、リョウシンJV錠は一般の薬局などでは販売されていません。

 

インターネットでも楽天やヤフーショッピングなどの大手通販サイトでの取り扱いはなく、公式サイトと専用ダイヤルからのみ購入することができます。

 

キミエホワイトプラスバナー画像

 

1箱(31日分93錠)あたりの通常価格は3,800円(税抜)です。

 

初回のみ1家族1箱の購入に限り1900円(税抜)で購入することができます。

 

初回特典は定期コースではなく、単品で購入することができるので、一回で終わりにしたい場合でも解約の電話をする必要はありません。

 

安心してお試しすることができますね。

 

「おまとめ定期コース」

気に入ったので続けたいと思ったら、「おまとめ定期コース」で購入すると、最大で通常価格の31%安く購入することができます。

 

5000円以上購入の場合、送料700円、代引き手数料300円が無料となるのでさらにお得です。

 

おまとめ定期コースの申し込みはがきは初回購入の際の商品に同封されています。

 

専用ダイヤル

電話で購入する場合の専用ダイヤルは、0120-253-600です。

 

医薬品専門のオペレーターが詳しく質問に答えてくれるので、関節の痛みに関する相談も聞いてもらうことができ、納得して購入することができます。

 

(受付時間は平日、土日祝日、午前9:00〜午後9:00まで)

 

まとめ

 

慢性的な神経痛や関節痛があると、つい体を動かすことが億劫になって運動不足になってしまい、より悪化する原因をつくってしまいます。

 

こうした悪循環を断ち切るためにも、体の中から栄養素を補給することがとても大切です。

 

加えて適度な運動や規則的な生活を心がけることでより効果を実感できるでしょう。

 

リョウシンJV錠に含まれている、ビタミンB1・B6・B12は食事等で接種しても体内にためておくことはできず、日々排出されてしまう成分です。

 

リョウシンJV錠を毎日飲むことで、日々必要なビタミンを確実に摂取することができます。

 

1日に何度も飲まなければならない薬は、つい飲み忘れてしまうこともあり続けていくのが大変ですよね。

 

ですが、リョウシンJV錠は1日にたった1回飲むだけで、しかも食前でも食後でもいつでも気が付いたときに飲めばいいのでとても続けやすいと好評です。

 

4種のおもな有効成分が第三種医薬品の認定基準の最大量含まれているので薬としての効果はしっかり期待できます。

 

加えて良心的な価格設定になっているので、長く続けていくことができます。

 

お世話になった両親の慢性的な神経痛対策に、リョウシンJV錠をプレゼントをすればきっと喜ばれることでしょう。

 

冬の寒い時期はとくに身体が冷えて強張ってしまい、朝起き上がれなかったり、階段の上り下りで激痛が走ったり、トイレにしゃがんで立ち上がれないという声がより多くなる季節です。

 

普段の何気ない動きに痛みを感じるようになってきたら、リョウシンJV錠を始めてみましょう。

 

最近なかなか疲れがとれない、肩こりや眼精疲労が辛い、病後や産前産後といった体力が低下している方にもおすすめです。

 

まずは一度リョウシンJV錠を1ヵ月試してみてはいかがでしょうか。

 

リョウシンJV錠で身体と肌のケアをしています。

 

リョウシンJV錠で関節痛・神経痛は治る?

二十代半ば顔に染みが出来始め、内側から対策を始めてました。

 

定期的に関節痛も出てきたのでとても悩んでいました。

 

関節痛・神経痛に効果がある上、肌の代謝を高めてくれる効果があると聞きリョウシンJV錠を飲み始めてました。

 

また、一緒にハイチオールCも一緒に飲み始めました。

 

お酒をよく飲むので肝臓機能も心配になりLシステインを摂ると良いと本で読んだので飲み始めて20年になります。

 

そのお陰か、他人からは肌に透明感があると言われます。

 

シミはまだ有りますが濃くはなっていないです。

 

お酒を飲む前、二日酔い、筋肉痛の時にも飲むようにしています。

 

疲れが溜まっている時に飲むと体が軽くなり、重ダルい感じがなくなります。

 

知人が体が重いと言っていたので勧めたところ、今やリピーターになっています。

 

粒の大きさも大き過ぎず、糖衣錠になっているので飲み易いです。

 

金額も高過ぎず続けて購入しています。

 

 

 

肌が気になった時に、ハトムギのシートパックを使っています。

 

ハトムギに美肌効果があると聞いたので紫外線を多く浴びた日は必ず使い、夏は必ず使うようにしています。

 

使った後はキメが整い、化粧ノリも良くなります。

 

こちらも、続けて購入しています。

 

サプリメントのハトムギも気になっていますがまだ使ってはいません。

 

シミに直接塗るクリームも気になっていますが、周囲の方から効果があったとは聞かないので試していません。

 

ビタミンCも続けて飲むと良いのでしょうが、ハイチオールCにビタミンCが入っているので摂りすぎになるかな?と思いまだ試していません。

 

トランシーノも一月試しましたが、金額がちょっとお高いので続けて飲むのは諦めました。

 

リョウシンJV錠を使った感想

 

運動不足もあるのか、節々が痛く、神経痛に悩まされていました。

 

まず、リョウシンJV錠を使い、少しずつ容体を良くしていき、運動する余裕を出すようにしました。

 

また、一緒にアミノバイタルも一緒に飲んでいます。

 

スポーツの前後に飲むと疲労軽減、パフォーマンス向上するとのうたい文句だったので興味をもち購入しました。

 

500mlペットボトルで飲みましたがで味は一般的なスポーツ飲料とそう変わらない感じです。

 

アクエリアスの方が甘く感じます。

 

ユーザーの想像とあまりかけ離れた味にしない配慮でしょうか。

 

適量を飲めば効果はまずもってのどの渇きは十分癒せます。

 

数種のアミノ酸配合が疲労回復に効果ありとのことですが私自身が、というより周囲の知人の評判はとても良いものでした。

 

いわく、筋肉痛が減った、足がつることが無くなった、家に帰ってからの疲労感がかなり減った、等々です。

 

ちなみに彼らはほとんどが年配の男性ゴルファーです。

 

私は最近スポーツはしていないですがまたやりだしたときには愛用すると思います。

 

今興味があるのはカルシウム、鉄分、鉛などです。

 

貧血がひどいとか、何かしらの症状を改善したいというわけではないのですが、自分の食生活から想像するとそれらが不足気味かなと思います。

 

普段から何らかのサプリメントを常用している訳ではなく、あまり商品知識もないためどのメーカーのどういう商品が良いかまではあまり調べたことは無いです。

 

買うときは専ら近所のドラッグストアや100円ショップで目に付いた小袋入りのものを適当に複数購入し、服用しながら知人やネットなどで情報を集め、次回は気に入ったものを購入する、というパターンになると思います。

 

効果が感じられなければ即やめる可能性が高いですが、即効性のあるものはやはりそれなりの価格もするでしょうから、そのうち興味が醒めてくれば使用回数もフェードアウトしていくような気もします。

 

更新履歴